2014年1月14日火曜日

【雑記】冬ランの寒さ対策


  

ちょいと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
※↑の写真は2013年の山行の中のお気に入りの一枚。特に意味は無いですよ(笑)

年も明けて、10日以上も経ちますが、どうも正月気分が抜けないボクです。
正月休みは、、実家に帰省予定でしたが、甲府にとどまって走りまくってました。

ちなみに1月って、甲府では、年間で一番気温が低いようなんですよ。
特に、自分が走っている時間帯の朝は、、、天気予報見ても最近は氷点下ばっかり。

こんだけ寒けりゃ、なんか暖かいウェア欲しくなりますよね。

ってことで、今回、冬ランの寒さ対策として購入したウェアを紹介~~。

冬ランウェア


まず、、、甲府の気温の推移は気温と雨量の統計さんのページより、、、


さすが、甲府盆地。最低気温で見れば1月は-2.4℃。これ最低気温の平均ですよね。寒い日なんか-6℃・・・。実家の青森レベルじゃないか!!と思いつつ、、、まぁ、トレランもやってますんで、アウトドアメーカーモノで寒さ対策します。

まずは、ベースレイヤ。。

言わずと知れた、、パタゴニアのキャプ3。※170cm、60kg、頭デッカチの体型でサイズはxs。


これは秋口頃に型落ちでセールにてゲットしました。なので、アジアフィットではなく、スリムフィットのモデルです。12月中旬頃(※お昼で、気温が10℃前後の場合)まで、これ一枚で充分でしたよ。

そんで、まぁ、、もう少し厚手のものも欲しいなぁと思いまして、フード付きのキャプ4かなと悩んでいましたが、自分には高価でしたので、

こちらのモンベルのジオラインexp。


モンベルのアンダーの最高峰の厚出。サイズはSでピッタリ着る感じ。まじ、、、あったか。。。キャプ3よりもあったかですね!

どちらも、汗冷えしない優れ物。。ベースレイヤのポイントはやっぱ汗冷えしないってことが一番大事!※ちなみに、普通の吸水速乾のロンTをベースレイヤで走ったときは、汗冷えして、、凍えましたわ。。

さらに、ベースレイヤだけじゃ1月の朝の寒さは乗りきれんと思い、ミッドレイヤー的なものも。。

こちらもパタゴニアのド定番、、R1。


2シーズン前?のモデルなので、セールにてゲットできましたよ。サイズはSで、下にベースレイヤー着てちょうどいいです。

そして、さらに、もう一枚。※どんだけ買うっすか?と自分に突っ込み。。
モンベルのトレールアクションパーカ。サイズはS


どちらも、、バラクラマみたいに顔を隠せるタイプのフリースで、着心地いいですよ。

比較すると、R1の方が通気性が良く、汗抜けがいいので、長い距離を走ってもずっと着用して走れるかなという感じです。実際に↑のベースレイヤとR1の組み合わせで30㎞位走っても、汗でグッショリってことにはならなくてイイ感じです。

トレールアクションパーカはフード部分がパタゴニアよりもサイズが少しゆったりできているので、頭デッカチの自分にはピッタリですね。毎朝のランニングはコイツを着て、フードかぶって走ってますので、帽子、ネックウォーマーも要らなくなりました。R1よりも少し通気性が無いかなという印象です。

また、毛玉もでますよ~~的なレビューもありましたが、メインはランニング中に使用ってこともあって20回位は洗濯したと思いますが、まだ毛玉はでてきてません~~。

個人的には20㎞以上のトレランなんかにはR1、それ以下の距離ではトレールアクションパーカってな感じで着まわしています。

最後にパンツ。MHWの薄手のフリースパンツ。

裏側が起毛してて暖かいです。また、ゆったりしたシルエットなので、タイツの上に履いてオーバータイツとしてもいいし、一枚でもOKっすね。



早朝のランニングではミッドレイヤーの上にウインドシェル(パタゴニアのフーディニとか、モンベルのULウインド)なんかも着用してますから、もう、、バッチリです!

重ねても2枚~3枚のウェアリングで、寒さ、汗対策もでき、身軽で走れますんで、さむーーい冬でもトレーニングに集中できますよ。

あとは、プラスでポーラテックBuff、ポーラテックの手袋、DRYMAXの靴下なんかも購入しました。

さぁ、、、あとは、、、走り込むだけです(笑)

さいごに


冬のランニングウェアについては、色々、ネットで調べて、欲しいなぁというモノを目星付けて、少し型落ちしたのをセールで購入しました。

実家に帰省できず、小遣いも少し貰ったので、ちょっと、物欲を満たして、正月満喫してました(笑)

あ、食欲も・・。。

松本のかわいい豚さん




そして、静岡の魚さん。。



いっぱい食して、いっぱい走った!!!!

健康的な正月っした~~。

へばだば~~ん。


Twitterでgs215yamaをフォロー