2013年8月7日水曜日

【登山】マリオワールド全開!!急登の中の急登、『笹山』ダイレクト尾根。


  

8/4、、奈良田からのダイレクト尾根で笹山へ登ってきました。

ダイレクト尾根、一言で言うと、、、、『急登』。。

笊ヶ岳や黒戸尾根も登りましたが、笹山のダイレクト尾根が今までで一番、急登という感触です。

距離はそれほど長くなく、標高を稼ぐので、そりゃ急登。

甲武信ヶ岳の徳ちゃん新道をさらにきつくした感じって言ったら分かりやすいかな。
※しかし、急登は写真で表現するのは、難しい(笑)

そして、このダイレクト尾根、何だか、、、昔懐かしいマリオワールド全開です。

ってことで、その急登を登りきった、山頂からの展望とともに、山行を紹介しやす~。


山行の様子


当初、計画としては、

奈良田⇒ダイレクト尾根⇒笹山⇒白河内岳⇒広河内岳⇒大門沢⇒奈良田

という、ロングな山行をしようと思っていたので、朝3時には家を出発。

奈良田には5時前に到着。奈良田の第二駐車場に駐車。


まずは、奈良田湖の吊橋目指します。
天気良さそうっすね~。


そして、吊橋へ。橋、長いですね。


お。しっかり笹山の標識もあります。


渡渉ありますが、石があるんで、な~~~んも、問題無。


西山堤防。。水、、、出るみたいですね!


そして、登山口。


登山口から、手すりの整備された登山道を進みます。

すると、送水管上の建物へ。もうね、、すでに急登なんだよ。


そして、樹林帯を進みます。


んで、水場入口。。。ハァハァ。。。。急登で汗だく。。。ここで、五合目位。


カサカサ!!!おっと、鹿さん。最近、増えすぎみたいです。


お?通行手形??なぜこんなとこに??
気付いたボクもすごいけど、それよりも、この急登、、すげっす。


ふぅ~~~。まだまだ、登ります。もう。。。


崩落地。ダイレクト尾根、唯一の展望。お。。。北岳か?


ズーム!


広河内岳方面の稜線。この天気じゃ、行けるかな?


標高2256m地点。


この辺から倒木などで荒れ気味ですが、赤リボンもあるので、迷うこともないです。

あ~~らま。うっすら富士山見えたけど、写真じゃ、わからんっすね。。


ハァハァハァ、、、言いながら、よっしゃ!山頂!!!!記念に自分も(笑)


南峰の展望はこんなもん。


さて、北峰へ。。こんな、ハイマツを見ながら、、


ハイマツ、好きです。


来たぜぇ!!!大展望の笹山北峰!!!


塩見岳。やっぱ、、、美しい!!


荒川、悪沢。。。


黒河内岳方面の稜線!!ここを訪れた人はみんなオススメするのがわかります!!


それでだ。。。この稜線、10分ほどで、、、、こんなガスガス。。。


わいは。。

黒河内、広河内岳方面の稜線は迷いやすいので、やめときます。。

ガスも出てきたので、朝飯食って、早々にダイレクト尾根で下山。

少し、ガスってますが、樹林帯は大丈夫っす。


そして、、、このダイレクト尾根、、、キノコ。大きくなれるかな。


キノコ、、、ファイアーボール、出せるかな。。


キノコ・・・のオンパレード。。。
マリオワールド、全開で下山(笑)

さて、この日の山行は、

往復距離14km、標高差2000m近く。登り:3h20m、下り:2h
距離少ない分、時間かかりませんが、脚にはきますね。

さいごに


笹山まで行ったなら、白河内、広河内岳の周回したかったですが、この稜線は地図上で破線ルートの迷マーク。さらに、当日はガスって、単独ってなると、、、。自分の力量考えると、パスしてよかったのかなと。

行ったら、行けたのかなとも思いますが、山では、やっぱり、”引き返す勇気も必要”っすね。

これでようやく、山梨百名山もラスト6

破風山
小太郎山
アサヨ峰
農鳥岳
鋸岳
富士山

う~~む。どれから攻めましょうかね~。
次は、小太郎、鋸辺りかなぁ。

山梨百名山、、、もうちょいです。
けっぱって登んねーば。(※津軽弁『がんばって登らないとね』という意)

へばだば。。


Twitterでgs215yamaをフォロー