2013年8月27日火曜日

【登山】初の北アルプスでテン泊デビュー。絶景の奥穂高岳へ。


  

8/14~15で、奥穂高に登ってきました。

初の北アルプス、さらには、テン泊という、初物づくしでしたが、天候にも恵まれ、北アルプスの絶景を存分に楽しんできました。

そんな、絶景づくしのお盆シリーズ第二弾を紹介~!

山行の様子


今回は初のテン泊装備。ザックがヘビー級に重くなるので、できるだけ、負担が少く、無理のないコースと思い、1日目は上高地から涸沢まで行きテン泊。2日目、涸沢⇒奥穂高のピストンをして、テントを撤収し、上高地へ下山するという作戦。

上高地までは沢渡からバスで移動のうえ、お盆期間。。当然、激混みが予想されるので、8/13の深夜に甲府を出発。とりあえず、ドライバーではなかったので、ちょっと、こんなんのを頂きまして・・・。。


早朝、沢渡の駐車場からタクシーで上高地まで入ります。

上高地から少し歩くと、、、焼岳が!!!期待大!!!


穂高。。まだ、登ってないですが、圧倒されますね。


テン泊装備のため、肩にズッシリとのしかかるザックの重さ。。。
登りじゃなくても、、キツし。。。


明神荘から見える、穂高。前穂高かな?


わぉ。。。すばらしい。ほんと、遊歩道を歩いて、散策というイメージっすね。


そして、ようやく、横尾大橋。


ここから、涸沢までの道がようやく登山道って感じ。

吊橋渡りまして、、、


北アルプスの新緑と雪渓を楽しみながら、進みますよ。


ヒンヤリ、雪渓歩き。


ふぅ。。ようやく、今日の目的地、涸沢ヒュッテへ。


お~~~。。か、か、か、涸沢カール。す、す、すばらしい。よく、雑誌でみる光景ですね。





こんな絶景に囲まれたトコで一泊できるなんて、何とも贅沢ですね。

さて、景色を堪能して、今日の寝床を設営。ニヤリ。初テン泊。



雨、風もなく、難なく?初設営したあとは、もちろん、、、、、コイツの出番っすね。

大展望テラスにて!



ほろ酔いで、いい感じになったら、少し、涸沢カールに見とれまして、、、、


寝ます・・・。夜の星空を写真で写せないのが残念ですが、満天の星空でしたよ。

そして、朝は、日の出前にトレランザックにて出動。奥穂高を目指します。

ザイテン辺りで、朝焼けを楽しみまして、、、





さらには、間近で涸沢カールのモルゲンも楽しみまして、




※多少、時間差で撮ったので、3枚目が一番、ピンクっぽいですね(笑)モルゲンはテン場からの方が良かったでしょうね~~。

穂高岳山荘へ。


ここから、岩場、鎖場を通って、奥穂高へ。

穂高岳山荘前の岩場。気をつければ、大したことがないんですが、北アルの縦走って考えると、こういう岩場を重いザックで行くのですよね。すごい。。


この岩場からみた、涸沢岳。縦走してみたいものですわ。


岩場を過ぎて、登っていくと、、、キタァーーーー!!!槍様!



北アルプスの名峰達の第一印象。

『険しい』

比較的、山容の滑らかな南アルプス、中央アルプスしか、間近で見たことなかったので、北アルプスの岩稜を目の前にして一番に思ったことは、険しいんだなぁ。と、つくづく実感。

そして、山頂の奥穂高へ!ヒャッホー!


山頂から見える風景もまた、素晴らしい。ほんと、晴れで良かった。


ジャンダルム。


目の前に見える、笠ヶ岳の稜線かな??


焼岳が小さく見えます。※奥には乗鞍も見えてました。



北アルプスの絶景が、名残惜しいですが、時間もあるので、下山へ。

涸沢カールも名残惜しいですね。



テント撤収して、涸沢ヒュッテと記念撮影。


ってか、自分、、、黒いっすわ。
まぁ、日焼け対策なんもしてねーから、しょうがないかぁ。

そして、上高地でお土産買いまして、せせらぎ温泉寄って帰りました。

んで、、、帰りの高速はものすごい雷雨でして、、、諏訪湖の花火大会は雷雨で中止になってましたとさ。。残念。。

さいごに


テン泊、、、ザックがヘビー級ですが、やっぱ、いいですね。
星や朝焼けなど、日帰りじゃ楽しめないことできるし。

しかし、北アルプス、、、険しい感じがいなめない。。
もう少し、テン泊装備でトレーニングして歩き慣れないと、縦走は難しいかなって感じです。

そして、北アルプス、、、人多すぎ。。。

お盆期間ってこともあるんで、しょうがないですが、帰りなんか、すれ違う人にあいさつするのも、苦になりましたわ(笑)

でも、北アルプスのテン泊デビュー戦。。楽しかった~。
次もテン泊で再訪したいっす。

次回はお盆シリーズ第3弾!

賑やかな北アルプスとは一転、登山者二人にしか会わなかった、南アルプスの『鋸岳』をアップ予定っす~~!

へばだば~。


Twitterでgs215yamaをフォロー