2013年7月24日水曜日

【登山】黒戸尾根よりもキツイ?山頂は大展望!!難関ルートの山梨百名山、笊ヶ岳


  

7/21、とうとう、『笊ヶ岳』に登ってまいりました。

笊ヶ岳は山梨百名山の中でもスペシャリストレベルであり、標高差、距離ともに黒戸尾根と匹敵するキツさ。

評判通りのキツさでしたが、この日は天気もよく、布引山辺りからの南アルプスの大展望は、、、もう言葉になりません。

360°、、、全部、、山です(笑)

キツさと大展望を具えた『笊ヶ岳』。。

攻略ポイントも踏まえて、少し紹介したいと思います~~。



山行の様子


笊ヶ岳へは老平から登ります。標準コースタイムが16時間程度なので、時間がかかることは必須!巻きに巻かないと日帰りできません(笑)

ということで、朝3時には家を飛び出して、4時半頃、駐車場スタート。

※日曜日ということもあり、テン泊の登山者が多かったのか、駐車場は満車近かった!

まずは、この熊出没注意の小さいゲートを通ります。


林道を歩いていくと、トンネルがありやす。※帰りに撮影。


そして、林道分岐に到着したら、右側に進みます。。


よく見ると、右側にはこんな看板もありますよ。


林道終点には山火事注意の看板があります。この看板の左側に進みますね。


歩いて、3分位で廃屋に。廃屋敷地には入らず、石垣の手前を左に入ってきます。


んで、揺れる、、吊橋へ。ホント、揺れるので、少し、酔いましたわ。


天然シャワーを浴びつつ、先へ進みます。※天然シャワー箇所は登山道も濡れているので注意して歩きます。


そして、渡渉ポイント広河原へ。

踏跡と赤リボンを追いながら歩いていくと、対岸に赤リボンがある、渡渉ポイントまで到着できます。


この日は水量も少なく、靴も脱がずに渡渉。※帰りは少し、濡れやした。。

広河原を渡ると、山の神まではジグザグの登り。急登とはなっていますが、それほど、急ではなかったかな?

そして、山の神


ムムム!!!この時点での空模様。。。展望期待できないか??


さらに登ってくと、廃材置き場へ。ウィンチやロープあります。


下りのとき、この辺で廃材の方へと気持ちをやってしまったせいか、登山道を外してしまいました。しっかり赤リボンや踏跡を見ながら進んだ方がよいですよ。

ピンボケでしたが、目玉のおやじ。。ではなく、何だっけな~?
『大人の山歩き』で紹介してたような・・・。


そして、檜横手山。


まだまだ、こんな感じの登り続きますよ(笑)


ようやく、登りもひと段落し、布引崩れ。この辺から、ハイマツがうるさくなり、踏跡が見づらい場所もあるので、少し、注意が必要ですね。


そして、聖と赤石岳!!!!!むっちゃ展望良し!そして、天気も!!


さっきまでの登りとは違い、展望楽しみながら布引山へ。


三角点にも、タッチ!


さぁ~~て、ラストスパート!笊へ向かいます!!

と、、、、思って歩いてると、、、でました~~~~!!!

雲海に浮かぶ、富士山。

やっぱ、この辺の山からの富士山は形が綺麗ですね~。


そして、今日の目的地。笊ヶ岳と小笊。左側が笊で、右側が小笊かな。


最後の登りを経て、、、、、やっと、、、、、キタ~~~~!山頂!!!

山梨と静岡の標柱カップルで!


そして、小笊と富士山。。うーーーん。この絵!!!実際に目で見れたのは感激!


そして、南アルプスの山々。。。

雲を突き上げる北岳!!!左奥のなだらかな山容は南の女王、仙丈ヶ岳かな!


そして、、、、南アルプスの深南部の絶景です。

塩見岳。


荒川三山


赤石岳

聖と赤石のツーショット!


赤石と悪沢。。


天気も良く、山頂が晴れて良かったっす!!ちょいと、飯休憩して、下山。

テン泊の人達を抜かせてもらい、下山してると、広河原には人がたくさん??


どうも、話を聞いてみると、広河原に木のハシゴを作っているとのことした。

山道の整備、、、ホントありがとうございます。※うまく完成したかな?

そして、下山中の林道から・・・。


ありゃりゃ。。ガスが・・・。早く登って良かった~~~!

そして、今回の距離。。。


あーーりま。広河原辺りで、GPSが飛んでしまいましたわ。残念。

まぁ、でも、山レコのログなんか参考にさせてもらうと、大体、往復距離:20㎞、累積標高差:2700m位なんですよね。

時間的には、登り:4h20m、下り:3h10m程度でした。

いや~~、無事下山できてよかったです。


さいごに


笊ヶ岳。。。日帰りするために体力作り、事前調査など、、色々やりました。

自分の経験も踏まえて、日帰り攻略のポイントとしては、

1.黒戸尾根を1回でも登って、標高差に慣れた方が良い。そして体力も確認しておく。
2.急登に慣れておく。※甲武信ヶ岳の徳ちゃん新道で太ももの鍛錬しました。
3.朝イチで登り、涼しいときに登ってしまった方が水の消費も少なくていい。
4.広河原までの分岐ポイントなどはヤマレコなどで、要チェックしとく。
5.日帰りの場合、荷物は必要最低限で登った方が体力消耗も少なくよい。

ってとこですかね。

5は人それぞれだと思いますが、黒戸尾根のロングコースや、甲武信ヶ岳なんかの急登に慣れておくことが結果的には良かったのかなと思います。

今回の笊は鶏冠の急登が印象強く、意外と急登とは感じませんでした。

でも、、『笊ヶ岳』、、、、天気、体力、メンタル、、、これが伴わないと登れませんね(笑)

さぁ~~て、次はどこ登りますかね~~。

黒戸尾根に匹敵する奈良田からの農・・・、、な~~んて狙おうかな。。

でも、3日経過しても、身体痛いので、今週は軽めかな。。

へばだば~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー