2012年12月19日水曜日

【登山】激アツな南部町の高ドッキョウ、貫ヶ岳、白鳥山。


  

12/16、衆議院選挙当日。まぁ、理由は何であれ自民党の圧勝だったのですが、この日は12月だというのに、気温は15℃。さらには快晴。。何て素晴らしい山日より。

当然、山に行きたい僕は、前日に期日前投票を済まし、南部町の高ドッキョウ、貫ヶ岳を縦走し、おまけで、白鳥山へ登って山登りを楽しんでまいりました。

いやぁ、暑かった。激アツでした。気温も、フジヤマも、雲海も、南アルプスも、カップラーも、そして、僕の足腰も・・・。

アツかった山行の様子を紹介します~。

山行の様子

高ドッキョウ、貫ヶ岳は山梨県の最南の、ほぼ静岡じゃん?位、南にある標高1000m前後の低山なのです。この日は樽峠起点で、高ドッキョウ、貫ヶ岳をピストン。


タイムレコ

06:50 樽峠登山口 スタート
07:16 樽峠
07:55 静岡方面展望台
08:22 高ドッキョウ
09:13 樽峠
09:47 平治の段
09:49 十国展望台
10:06 晴海展望台 10:46 ※どら焼き休憩
10:28 焼山分岐
10:41 貫ヶ岳山頂 10:46
10:57 焼山分岐
11:11 晴海展望台
11:32 平治の段
11:52 樽峠
12:10 樽峠登山口 ゴール


※標準的なコースタイムやルートはこちらの南部町のトレッキングマップが参考になります。

総距離15km、累積標高1160m。前回の御正体、石割の縦走と同レベルでした。でも、初めから、何だか、前回よりも足がキツ。。。あぁ、、あれか。。。

当日の様子。

自宅を5時に出発し、6:40分頃には樽峠登山口に到着。そして、6:50分頃スタート。


まずは初っ端のこの橋。まじ危険っす。前日の雨のために、木の橋は滑る、滑る!!注意して渡っても、滑るのですよ。ここが一番キケンでした。。


20分ほど、森の中を歩き、樽峠へ向かいます。


森林浴っす~。


そして、樽峠へ。まずは高ドッキョウへ向かいます。
※ん?なんだか、僕の足腰、すでにキテマス。おかしい???


高ドッキョウまでは4つ程度、ピークを越え、アップダウンが結構あるのですよ。キツし・・。

途中、木の間から見えた篠井山。結構でかいんだなぁと思い、12/1に登ったのが懐かしい。


もう、冬だっってのに、緑なコケ。


山頂近くまで来ると、静岡方面を見渡せる展望台があります。この日、一番、幻想的だった、山間の雲海。いや、ガス??


雲海というよりか、湖みたいですね。

そして、ラストの登りの登山道から見える、フジヤマ!!今日の天気の良さを物語ってますよ。


高ドッキョウの山頂へ。登ってやったぜ!


たまには、僕も。と、思いきや、見事な逆光だよ。(笑)


ま、山頂は展望ないので、次の目的地、貫ヶ岳まで向かうのですよ。

樽峠まで戻り、貫ヶ岳登山道入口。ここから、。。


階段地獄が。当然、木の階段なので、、、雨の次の日は~~、、滑るのですよ。。。注意して登ります。


そして、この階段地獄が終わると、平治の段を過ぎて、十国展望台へ。


ヒャッホ~!フジヤマだぜぇ~~。テンション上がる↑↑↑


そして、お決まりのフジヤマズーム!


え~~、まだ続くのですよ。展望台。もう少し行くと、晴海展望台へ。

※ここで、すげーー、汗だと気づき、ニット帽を脱いで、振り払ってみると、汗しぶきが。12月だってのに、10℃以上あるのでした。


フジヤマ見ながら、どら焼き休憩。。


※びっくり栗入りどら焼き・・。びっくりするほど、イマイチでした(笑)

どら焼き食べて、休憩したら、貫ヶ岳山頂へ。もう、足、、限界っす、、と思いつつ、とりあえず、貫ヶ岳ゲット~!


よく、頑張った、ボク。


そして、樽峠登山口まで、こんなサルノコシカケ見ながら下山。


この日の登山では、団体さんと、2組位の人に出会いましたが、樽峠登山口には、ぼくの車オンリー。樽峠からは僕だけだったのですね・・。


下山時刻が12時頃でしたので、白鳥山で昼食。車で白鳥山へ移動。

白鳥山の様子

登山道入り口。。


整備された、階段登って、、


5分程で、山頂。足にキてるボクにはピッタリの山行です。

山頂から見えるフジヤマ。なんとまぁ、歩いて5分で、このフジヤマ見れるなんて!


フジヤマズーーーム


なんと、南アの白根三山まで見えるじゃね~~っすか!!


白鳥山、山梨百名山で一番標高低いのに、、恐るべし。

そして、山梨百名山の標柱・・・。

おかしい。。。コイツ、、、、百名山の標柱は、いつもは黒字なのに、コイツ、青じゃねーか!!!
きっと、建て直されたんですね。


そして、久しぶりの山ラー。激アツで、口の中、やけどしますた。


昼飯食べて下山。。


さいごに

今回、山での楽しみが一つ増えました。それは

「地図読み」

です。

最近、こんな本をブックオフで購入し、

入門講座 2万5000分の1地図の読み方 (Be‐pal books)
入門講座 2万5000分の1地図の読み方 (Be‐pal books)平塚 晶人

小学館 1998-10
売り上げランキング : 17921


Amazonで詳しく見る by G-Tools

2万5000分の1の地図から、しっかり地形を読み、イメージすることも大事なんだなと実感。

というわけで、実際に、今回の山行では、2万5000分の1の地図を見ながら、尾根、谷、ピークを意識して登ってみました。すると、、自分のイメージと地形に差があることを実感。

まだまだっすね。もっと実際の山で読図を鍛えて、この差を縮めぬば。

そういえば、なんで、足が登る前からキツかったのかなと、考えてみると、、、、コイツでしたよ。


そう、、登山前日の約3週間振りのラン。

7kmでも、3週間も空ければ、そりゃぁ、足も筋肉痛なるわ。

やっぱ、筋肉痛での登山は足があがらんです。登り、キツかった・・。

寒いと、ついつい、ナマケがちっすが、何とか、週に1度位は走らんと。。。

へばだば~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー