2012年12月11日火曜日

【登山】初の秀麗富嶽十二景。『大蔵高丸』へ登ってみる。


  

12月上旬から、山梨の林道の多くは冬季閉鎖が始まります。そこで、林道が冬季閉鎖される前の12/8に湯の沢峠手前から、秀麗富嶽十二景の『大蔵高丸』に登ってまいりました。

秀麗富嶽十二景は大月市のHPによると、
大月市・秀麗富嶽十二景が選定され、平成4年に公布されました。この十二景は大月市域の山頂から望む美しい富士山を市のシンボルとし、併せてふるさとの自然をそのまま後世に伝えようと意図したものです。
と、、まぁ、ざっくり言うと、大月辺りの山で、富士山が綺麗に見える12の山なんですね。

前日は忘年会ということもあって、この日の体調は絶好調とはいきませんでしたが、富士山、そして、沢沿いの登山道と雪のコラボもあり、とても綺麗。

ってことで、少し山行を紹介します~。


山行の様子

大蔵高丸までは、湯の沢峠手前の登山口より登ります。
※最近、等高線の地図読み勉強中。ということで、カシミールを利用して、GPSのログから地図作成↓↓


当日のタイムレコ

09:45 湯の沢峠手前登山口 スタート
10:15 湯の沢峠
10:23 湯の沢峠のお花畑
10:40 大蔵高丸山頂 10:45
11:00 湯の沢峠
11:22 登山口 ゴール

距離にして6.6km、標高差406m程の軽めの登山。※二日酔いの体調にはキツ過ぎず、ラク過ぎず、ピッタリでした(笑)

当日の様子

湯の沢峠の登山口までの林道にも雪ありましたが、スタッドレスタイヤに交換しておいたため、問題無。スタッドレスの効きを確かめるためにちょうどよかったかも?

そして、登山口へ。というより、徒歩口か。


登山口に設置してある、地図拡大。※ここから1h程度なんすね。


さぁーて、、行きますか。。


結構、雪、、あるんですね。。


でも、この登山道、沢沿いを登っていきますので、沢と雪のコラボが何とも言えんです。

沢にも氷柱が!風情がありますね~。この写真じゃ、よくわからんか(笑)


そして、湯の沢峠へ。

避難小屋


避難小屋の中をちょっと覗いてみますと、


整頓されてて、中も綺麗です。・・・。管理者には頭が下がりまね。ホント。

そして、峠のお花畑。


当然、今の時期はお花なんて咲いているわけでもなく・・・、 お花畑から、山頂の大蔵高丸を見ます。


きっと、花の咲くころは綺麗なんだよなぁ・・・、そして、金峰方面も雪ですよね~~と思いながら、山頂へ。


そして、大蔵高丸山頂。お前さん、秀麗富嶽十二景の3番隊、隊長なのか??
いや、ごめん、間違い。秀麗富嶽十二景の三番山頂です。


山梨百名山の標柱、Getttt!


そして、フジヤマ!少し、逆光か。。


この日も、穏やかな天気にめぐ・・・、まれてないんですよ!写真では、穏やかな感じしますが、

全然。。。。超、強風。。

ゴォオオーーーって音がすごくて、風ってこんな音するん???と、少しビビりました。自然の脅威を感じますたよ。。

風も強かったので、早々に退散。今回はピストンなんで、下りも沢沿いの雪のある登山道を楽しみながら下山。

ちょっと、木の上に積もった雪に、「ヤマ」とイタズラ書き(笑)



さいごに

12月にも入ると、低山でも雪を無視できないですね。雪道も楽しいですが、油断大敵っす。やはり、軽アイゼンは持っていかんといけないっすね。。※嫁から、お小遣いをもらったので、そろそろ、購入か・・。

そして、富士山が綺麗に見えるこの時期、秀麗富嶽十二景シリーズも侮れんっすね。
次はどの秀麗富嶽十二景に登ろうかな。。

ちなみに、秀麗富嶽十二景は「しゅうれいふがくじゅうにけい」と読むんです。漢字の苦手なボクは読めんかったッス。

へばだば~。


Twitterでgs215yamaをフォロー