2012年10月31日水曜日

【登山】小川山で初の破線ルート歩いてきました。


  

10/27、小川山へ登ってきました。

小川山は日本百名山の瑞牆山、金峰山の間に挟まれた、ちょいとマイナーの山。

今回は、みずがき山荘側からのコースを利用。瑞牆山への登山者はたくさんいるのですが、小川山へ登る人はほとんどいません。この日、お会いしたのは3組程。

当日の天気はというと、晴れの予報がはずれて、ガスなわけで、少し、寂しい山行となりましたが、初の破線ルート(実線ルートよりも、難易度が高い。)と、大日岩からの瑞牆山と金峰山と紅葉を楽しめましたので、その辺りを写真とともに紹介します~。


コース概要

登りはみずがき山荘から、富士見平小屋、八丁平を経由して小川山山頂へ。小川山分岐からは破線ルートで道もせまく、少し歩きづらいですが、昔に比べると大分、整備されて歩きやすくなったそうです。下りは大日岩経由で下山。そして、当日のタイムレコは、

07:20 みずがき山荘
07:55 富士見平小屋
08:10 小川山分岐
09:00 八丁平
10:20 露岩
10:45 小川山山頂 11:00 ※山頂にて、山梨百名山について談笑。
11:25 露岩 12:10 ※昼休憩
13:05 八丁平
13:30 大日岩
14:30 大日小屋
15:10 富士見平小屋
15:30 みずがき山荘

このコースはヤマレコを参考させてもらうと、標高差は約900m、距離にして13km程で、登りは約3.5h、下り約3h程度でした。

破線ルートで『迷』マークもありましたが、踏み場も有り、赤テープもたくさんあるため、思いのほか、ラクラクでした。

では、そんな山行の見どころを。


見どころ

みずがき山荘前のもみじ。真っ赤で綺麗~。



富士見平小屋までの登山道の紅葉が見ごろでした。



富士見平小屋にて。ここまで来るのに、結構、疲れるのですよね~~。ボクは汗だくながら、元気っす~~。


小川山、瑞牆山分岐。今日は小川山方面へ。ここまでは人が多いのですが、ここからが破線ルートで、全然、人もいなくなります。


破線ルートなだけあって、道もせまくなってきますが、赤テープが随所にあるため、それほど、ビビることもないです。


川、というか沢沿いも歩きます。


沢沿いを少し歩くと、伐採小屋跡。やっぱり、真っ赤の紅葉に目がいきますね。


伐採小屋跡から八丁平までの登山道にはコケがたくさん。コケ好きにはたまらないですね。なんかのイメージキャラクターのようなコケ。


こんな道幅の狭いところも通り、、


八丁平へ。地図ではこの辺に『迷』マークありましたが、無事、迷わず到着。


小川山へ向かう途中に、岩にペイントされた動物?の顔。


苔むした樹林帯の中には、珪石?らしき石も。


展望が効く露岩。しかしこの日は、あいにくのガス・・・。ガスなんですよ。。。


ガスの合間に少し見えた、山間の紅葉。


そして、山頂へ。小川山ゲット~~。

※山頂で出会った、登山者の方と山梨百名山の話で盛り上がりました(笑)
楽しいお話、どうもでした~。


山頂は、展望ないので、露岩でガスの中、昼食休憩。

そして、八丁平を経由して、次の目的地、大日岩へ。

大日岩手前のちょっとしたザレ場。気をつけて歩きます。


そして、大日岩へ。ここへきてようやくガスがとれ、瑞牆山、金峰山が見えました!






大日岩で景色を楽しんだら、下山の路へ。

大日小屋から見えた大日岩。


おまけで、下山後のみずがき湖ビジターセンターで見た紅葉と、ニャンコ。





さいごに

初の破線ルートってことで、小川山を歩きましたが、思いのほかラクラクで登れ、少し、物足りなさも感じましたが、山は油断大敵。やっぱり自信のないとこは、単独は避けた方がいいですね。今回も一緒に登ってくれた、仲間に感謝です。

また、山頂で山梨百名山の話に付き合って下さった方、どうもありがとうございました!

山って不思議ですよね。普段は知らない人には絶対に話しかけないのに、山にいれば、知らない人にも挨拶して、話しかけて、山のネタで盛り上がってしまう。これも、登山の楽しみっすね。

さて、今週はどこ登りましょうかね。やっぱり、紅葉が見ごろなとこを狙って・・・。

へばだば~。


Twitterでgs215yamaをフォロー