2012年10月25日木曜日

【登山】信仰深き山、七面山から見る富士山、南アルプス南峰


  



10/21、信仰深き山、七面山に登ってきました。

七面山は日蓮宗の総本山である身延山久遠寺の奥の院にあたる信仰の山。最近、年を一つ重ねたということもあり、身と心を清めるために登ってきました。

と、言うのは、後付けの理由でして、七面山は日本200名山で、標高差約1500m級もあり、富士山の展望も最高!ということで、以前から登りたかった魅力のある山でした。

そこで、日曜は例のごとく、晴れマークのみ、南アルプス方面も『落雷に油断大敵』の天気予報でしたので、これは、『晴れだぁ!!なと思い、登ってまいりました。

そんな、信仰深き山の七面山の山行を紹介~。



概要

七面山へは、表参道を利用したピストン。山頂は展望が効かないので、希望峰まで行ってきました。標高差約1500m、距離12km程度。なんとまぁ、登りごたえのあるコース。

そして、当日のタイムレコはこちら。

07:33 表参拝道入口(1丁目)
07:40 神力坊(2丁目)
08:05 肝心坊(13丁目)
08:26 中適坊(23丁目)
09:04 青雲坊(36丁目)
09:37 和光門
09:50 敬慎院(50丁目)10:08
10:45 七面山
11:02 喜望峰(昼食 ~11:45)
12:00 七面山 
12:30 敬慎院(50丁目)奥の池
13:50 表参拝道入口

登り3h30m、下り1h20m。※下りはちょいとトレーニングと思い走りました(笑)

参道のため、敬慎院までの登りには、ところどころに、ベンチや奉献~丁目という目印が50丁目まであります。

休憩しながら、ペース配分を考えて登れますが、ボクはそんなことお構いなし。最初からグイグイ飛ばし、登りましたが、40丁目辺りでヘロヘロ。

せっかく、目印あるんだから、ペース配分は考えないといけませんね(笑)

当日はドピーカン。ってことで、敬慎院からの富士山、希望峰からの南アルプスも楽しめましたよ。

その辺の写真とともに山行を紹介します~。


見どころ

表参道入口の身延山、七面山の案内図。今日は表参道を利用して登ります。


入口ですが、どこからともなく、「南無妙法蓮華経」という唱和が聞こえてきます。この唱和に思わず、聞き入ってしまい、信仰深き山なんだなと実感。


そして、これが、ペース配分を考えるための目印。まずはじめに元丁目、そして、1~50丁目まであります。


途中には、こんな一句。これも七面山での楽しみです。


29丁目辺りの展望。写真左にギリギリ北岳が見えます。そして、写真中央は確か、富士見山、、かな??


青雲坊にて、たくさんの白装束の方が休憩しておりました。登山客にも元気に挨拶してくれて、道も譲ってくれます。登る距離は長いですが、みなさん笑顔を絶やさず、楽しそうでした。


和光門へ。山の上にこんな立派な門があるのもすごい。


敬慎院へ少し立ち寄り、


敬慎院上の展望台へ行くと、、、、でた~~~~、マウンテンフジヤマ!!!!



この日はドピーカン。やっぱりフジヤマ迫力あるなぁ~~と、思い、朝食休憩し、七面山へ向かいます。

七面山へ向かう途中のオオガレ。(ナナイタガレと呼ばれています。)




ヒョォォ~~、ガレは迫力あります。コワァッ!!

そして、最後の登りを終え、七面山山頂へ到着。記念撮影。パシャリ。


山頂は展望効かないので、希望峰へ。山頂からは30分程で到着。


希望峰は狭いですが、南アルプス、そして、富士山も楽しめます。

まずは、北岳方面。右側のとんがりが北岳。手前に間ノ岳、農鳥岳、笹山と続いてきます。


南アルプス南峰側の塩見岳


目の前の布引山、笊ヶ岳。左奥には聖岳も。笊ヶ岳はスペシャリストの山。来年辺りにはチャレンジしたい。。


そして、振り返ると、木の間からの~、フジヤマ~。


そして、昼食のカップラーを食べ、下山。

帰りに敬慎院の「一の池」に立ち寄りました。紅葉と緑の池がマッチングして、キレイでしたよ。



さいごに

この日はピーカンで、富士山、南アルプスの南峰、そして、「南無妙法蓮華経」の唱和を聞くことができ、七面山を十二分に堪能してきました。また、南アルプスの塩見、聖のフカーイ山にも登りたくなりました。※地図はゲットしたので、来年かぁ。

一つだけ心残りがあるとすれば、これだけ、天気も良く、標高差も登るなら、赤岳でもよかったかも・・・(笑)

ま、七面山を登る際には、是非、希望峰まで足を延ばして下さいね~。
さらに、登る前にはこちらの身延山久遠寺のHPを参考にしたほうがいいですよ~。

※白糸の滝、一の池、二の池なんかも見どころでしたね。

へばだば~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー