2012年10月19日金曜日

【登山】絶景と稜線を求めて、再び、鳳凰三山へ


  

10/13の天気予報は晴れ。。曇り時々晴れ、ではなく、晴れマークのみ!
鳳凰三山の天気予報も、

『落雷に油断大敵』!!

って、どういう意味よ?(笑)

と、突っ込みながら、とにかく、予報は晴れなんだな?と思い、南アルプスの絶景と、稜線を求めて、鳳凰三山に登ってまいりました。

そして、当日は予報通りの、、、晴れ!

険しい道のりを経て、やっと、拝むことができた絶景と稜線。そして、南アルプスの雄大さに少し興奮して取り乱してしまったボク。

今日は、そんな、南アルプスの最高の絶景とともに鳳凰三山の山行を紹介します~。


コース概要

毎日、鳳凰三山を見てると、朝、どんなに天気が良くても、昼頃には雲がでてくる。絶景を見るためには、とにかく、早く山頂に着くことが必須。そこで、今回は、ドントコ沢の見どころでもある、滝はスルーし、地蔵岳にとにかく早く到着し、稜線はゆっくり楽しむ作戦。

コースは前回と同様に、青木鉱泉⇒ドントコ沢⇒地蔵岳⇒観音岳⇒薬師岳⇒中道⇒青木鉱泉のループ。
んで、当日のタイムレコは、、

05:15 青木鉱泉発
08:05 五色の滝
08:50 鳳凰小屋
09:45 地蔵岳 10:05

~写真を撮りながら、ゆっくり稜線歩き~

11:40 観音岳 12:00
12:25 薬師岳 13:20 ※昼休憩
14:05 御座石
15:45 林道
16:20 青木鉱泉

地蔵岳には9:50頃には到着。地蔵までの登り4.5h程度。一度目よりも滝をスルーした分、早いかな?と思いきや、15分しか短縮できず。

しかし、地蔵に到着したときには、、、南アルプスの甲斐駒が目の前に!

まじ、すげ~~と、絶句し、取り乱したボク。
※興奮しすぎました。周囲の方、申し訳ありませんでした。

そんな、取り乱し気味の山行の見どころ。


見どころ

この日も、出発は日の出前。でも、15分程、歩くと、空も明るくなる。


この日は滝をスルーし、先を急ぐ。でも、ドンドコ沢から見える富士山は楽しむ。


そして、地蔵岳へ。地蔵から見える観音岳。紅葉しております~。


やっと見れた甲斐駒。絶景に唖然。


甲斐駒、アップ~。


振り返ると、富士山も。


当然、オベリスクも尖っているわけで、バックの八ヶ岳とともに。


次の目的地は、あの頂き、観音岳。


観音に向かうと、向かうと、、、、出ました。北岳。ホント雄大。夏に登った時とは、また、一味違った山容。





※最後のいらんか(笑)

地蔵方面を見ると、甲斐駒とオベリスク(とボク)の共演。


そして、観音岳山頂。やっと、登りました!


標柱の裏岩で座禅を組んで北岳、間ノ岳、農鳥と。


韮崎の街並みも一望できます。


山頂でも、絶景を楽しんだ後、次の目的地、薬師岳方面へ。

薬師岳と富士山。この花崗岩の白さがたまらんです。


ここらの稜線はアップダウンも少なく、結構ラク。


そして、雲もキレイで、稜線歩きが本当に気持ちがいい。


そして、薬師岳へ。薬師岳の標柱と北岳をバックに記念撮影。


※ちなみに前回登ったときのホワイトアウトの状態。


こんなにも、違います。

晴れって、すばらしいですね!!!天気の神様、ありがと~~~!

薬師岳にて昼休憩後、最後の最後に、富士山を眺めて、下山。。。

名残惜しい~~~~




さいごに

天候にも恵まれ、最高の登山日和でした。前回、ホワイトアウトした分、南アルプスの山々が目に入ってきたときには取り乱すくらい、喜んでしまいました。

鳳凰三山、こんなにも素晴らしかったのですね。

また、来年、おじゃましますので、お待ちしてて下さい。

へばだば~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー