2012年6月7日木曜日

5月の読んだ本まとめ


  


6月に入ったということで、恒例の読んだ本のまとめをしときたいと思います。

先月は、自分が弱い部分と思えるコミュニケーション本や、キャリア関連の本を多く読みました。

読んだのは積読本で、数年前に出版された少し古い本ばかりですが、内容は参考になりました。

それでは、紹介します。



キャリアショック どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるか? (ソフトバンク文庫)
キャリアショック どうすればアナタは自分でキャリアを切り開けるか? (ソフトバンク文庫)高橋 俊介

ソフトバンククリエイティブ 2006-06-28
売り上げランキング : 6602


Amazonで詳しく見る by G-Tools
エンジニアとして、今後、どうキャリアを形成していくかを思考錯誤中。そこで、積読していたキャリアショックを読んでみました。

キャリアの構築の仕方として、自分の今、持っているスキルからキャリアアップを図るのではなく、自分が何をやりたいのかなどの動機を大切にすること。キャリアを切り開く発想パターンでは、キャリアの希少性を大事にすること、また、他人とは違った経験(転勤、出向、セミナー)を進んで受け入れることが大切です。すぐにできることではないかもしれませんが、キャリアアップのために、人があまり経験できないことをを進んでやっていこうと思いました。

私はエンジニアですが、技術だけでは、どうしても将来、大きな壁にぶつかってしまいます。エンジニア+αのキャリアだったりスキルを身につけ、他者との差別化をはからなければなりません。何で差別化するか?よく考えてみたいと思います。


「超具体化」コミュニケーション実践講座
「超具体化」コミュニケーション実践講座小宮一慶

プレジデント社 2009-02-17
売り上げランキング : 61116


Amazonで詳しく見る by G-Tools
コミュニケーションをするうえで、一番初めに行わなければならないことは、あいさつ、笑顔、相手の話しを聞くなどで、相手の心理バリアを下げることです。そして、相手に関心を持つことです。理解は偶然、誤解は当然くらいの気持ちが大切です。

内容的には少ない感じもありましたが、コミュニケーションにおいて、重要なポイントが書かれているために、初めてコミュニケーション本を読む方にはオススメです。


数字のウソを見破る (PHP新書)
数字のウソを見破る (PHP新書)中原 英臣 佐川 峻

PHP研究所 2009-12-16
売り上げランキング : 238890


Amazonで詳しく見る by G-Tools
身の回りにある、数字、身体に関する数字(血圧、コレステロールなど)や、景気の指標(失業率、求人)などの実例を挙げて、普段目にしている数字がいかに曖昧であり、正当ではないことを説いてます。

例えば、血圧と天気予報。高血圧と診断される数値は厚労省と人間ドック協会で異なっていたり、また、天気予報の予測正解率も、今現在は85%と、一見、高そうですが、全て、晴れと予報しても正解率70%と、そもそもの基準が70%にあるということ自体、私たちは気付かされていません。

著者は、こういう数字のウソの見破り方のポイントとして、

1.数字を疑う
2.数字を公表する側の意図を考える
3.その根拠も考える

を挙げています。

数字の読み方のヒント、ノウハウとは少し、違った内容だったが、やはり、数字を疑うところから考えなければならないということです。エンジニアとしても、数字を疑うことも重要だと再認識しました。


本田式サバイバル・キャリア術
本田式サバイバル・キャリア術本田 直之

幻冬舎 2009-03-18
売り上げランキング : 257487


Amazonで詳しく見る by G-Tools
下記に紹介する、「エンジニアが30歳までに身につけておくこと」でエンジニアとしてのキャリアについて少し考えていました。そこで、キャリアをテーマとした本も読んでみたいと思い、積読していた本書を読みました。

まず、スキルを磨くためには、自分をギリギリまで追い込んでトレーニングするのが一番とあります。なんだか、筋トレみたいですね。また、会社が無くても、自分が個人として、何ができるのか?を書き出してみると、自分が今持っているスキルを発見できます。

エンジニアというキャリアだけではなく、その他の自分の趣味や興味のあることを勉強して、キャリア広げ、マルチキャリアを意識しなければなりません。

エンジニア、ブログ、読書、登山、ジョギング、iPhone、SNS、コミュ力、モレスキン、など、自分の職業、趣味、勉強していることを書き出し、広げて考えていくことが必要です。それを、つなぎ合わせて、マルチキャリアを目指すことが必要です。

本書で特に共感した部分は、3つの禁句。

1.~が悪い ※他人のせいにする
2.~だからできない ※言い訳をする、言い訳を考える
3.忙しい ※タイムマネジメントができていない

この3つの言葉を禁句にすることは、今からでもできるので、是非、すぐにでも実行しようと思います。


エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと
エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと椎木 一夫

日本実業出版社 2005-10-20
売り上げランキング : 177080


Amazonで詳しく見る by G-Tools
齢31歳。すでに30歳を超えていますが、エンジニアとしての「キャリア」について本書を読んで考えさせられました。

このまま、中にこもるような開発職としてキャリアを歩んでいいのか?、もっと、外にでるような仕事をしたほうがよいのか?などなど。

本書の内容で、一部、反論があります。それは、エンジニアの仕事は「人の役に立ち、世の中をよくすること」と、著者は最後に述べているが、これは、エンジニアに限らず、仕事をしている人、全ての職種に当てはまるのではないかと思いました。

登山も目標があって、そこへ、自分でルートを選択して目標へ到達するのだが、エンジニアの仕事も、目標は見えるが、ルート(技術)は自分で開拓しなくてはならないという、登山とエンジニアの仕事の共通点。これが自分が登山にハマった理由かなとも感じました。


人に好かれたら、仕事は9割うまくいく―できる男・伸びる男・ツイてる男の7か条 (ドリームスキル・クラブ)
人に好かれたら、仕事は9割うまくいく―できる男・伸びる男・ツイてる男の7か条 (ドリームスキル・クラブ)秋庭 道博

学習研究社 2008-03
売り上げランキング : 492683


Amazonで詳しく見る by G-Tools
人に好かれる人の特徴として、

聞き上手であること、
プラスワンでお礼を言うこと
肯定、否定の話し方
人の時間を大切にする

があります。プラスワンでお礼を言うとは、例えば、相手に何か依頼してそれを行ってくれたら、ありがとうだけではなく、「忙しいのにやってくれてありがとう」、「大変だったでしょう。どうもありがとうね。」など何か付け加えてありがとうということです。

下記の和田さんの著書「人に好かれる話し方」にも同じようなことが書いてあり、相手に興味を持ち、聞き上手になることが1番重要です。

また、人に好かれるデキル人の仕事術として、

毎日の仕事を勉強だと思う
仕事に追われるのではなく、仕事を追う
有言実行、即実行

など、主体的に考えることは、自分にとってもプラスだし、相手にも好感を持って貰えます。


和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!
和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!和田 裕美

大和書房 2005-06-16
売り上げランキング : 5580


Amazonで詳しく見る by G-Tools
自分はどちらかと言うと、仕事中は「話しかけないで」というオーラが出ている方です。

仕事は、ワクワク感を感じながら行う。そうすることで、明るい空気ができ、人に話しかけられる、さらには、人から好かれるという好循環が生まれるのです。

また、聞き手になることも重要です。聞きたくないつまらない話でも、何故相手がその話しをするのか、何故相手がそれが好きなのか、話の内容ではなく、相手に興味を持つことが上手な聞き手になるためのポイントです。

本書を読んで、少しでも話しかけやすい、そして、明るい空気を作って、話しかけやすい先輩になろうと思いました。早速、ワクワク感を感じながら仕事を行ってみようと思います。


ザ・シークレット
ザ・シークレットロンダ・バーン 山川 紘矢

角川書店 2007-10-30
売り上げランキング : 135


Amazonで詳しく見る by G-Tools
引き寄せの法則。

自分で欲しいと思うこと、嫌だと思うことは、考えることによってすべて自分で引き寄せている。

思考は実現する。

とにかく、プラス思考で良いことだけを考えようと思いました。そうすれば思考が連鎖して、いいことが引き寄せられてきます。嫌なことは考えない。いいことだけを考える。究極の思考法則です!


30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方
30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方午堂 登紀雄

三笠書房 2007-09-05
売り上げランキング : 28558


Amazonで詳しく見る by G-Tools
私自身も三十代。自分の強みを伸ばす年代になっています。

差をつけるという言葉に惹かれて本書を読みました。内容は、頭の使い方、勉強法、継続力、問題解決力、セルフブランディング、タイムマネジメント、コミュニケーションなどで、これらの能力をいかにキャリア形成に役立てていくかが書かれています。

章末の書き込み式ノートでは、その章のトピックスに対応した質問があります。その中で、周りにいる優秀な人の口癖を書いてみようでは、ほとんど書けなかったのが印象強いです。要するに、周りとのコミュニケーション不足で、書けなかったのかなという発見がありました。もっと人を見る、話を聞くなど、コミュニケーションをとっていくことは大事だと気づかされた一冊です。


「超」旅行法
「超」旅行法野口 悠紀雄

新潮社 1999-11
売り上げランキング : 352682


Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容は、個人旅行のノウハウですが、なぜ旅行するのかを考えさせられました。

旅をする目的は、思い出創り、非日常的な経験、異文化との交流など、様々。

是非、旅行する前に読んでおきたい本です。ちなみに、トルコ旅行前に読んでおけばよかった~、、です!



さいごにまとめ


だらだらと、感想書いていきましたが、実は、5月はブログで登山のことばっかUPしていて、本についてのことは何もアウトプットできていなかったです。ちょいと反省です。

5月は、コミュニケーション関連の本と、自分なりに、30代ということに向き合い、これからエンジニアとして自分はどうなりたいのか?どうありたいのか、というキャリアについて考えました。

キャリアについては、まだ、結論はでていませんが、コミュニケーションで大切なことは、、


  • 良い聞き手になること
  • お礼はプラスワンの言葉もつけること
  • 相手に興味を持つこと


です。早速、実践していきます!




Twitterでgs215yamaをフォロー