2012年4月1日日曜日

3月の読んだ本まとめ


  
今年は100冊読む!そして、アウトプットも増やすを目標に、スキマ時間に読書している、わたくし、@ヤマです。

2012年に入って、1月10冊、2月8冊、3月11冊、合計29冊読了と、まずまずのペース。

そこで、月次のブックレビューとして、読んだ本のまとめ的な記事も書こうと思います。

ちなみに読んだ本たち!




2012年3月に読んだ本



フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
フラット化する世界 [増補改訂版] (上)トーマス フリードマン 伏見 威蕃

日本経済新聞出版社 2008-01-19
売り上げランキング : 21886


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ネットの普及によって、地球上のあらゆる人と共同作業ができるようになったことで、賃金の安いインドや中国にアウトソーシングが進んでいる状況、そして、それに伴い、、個人の働き方、企業のビジネスモデル、国家のシステムがどんどん激変していることを、世界の『フラット化の要因』として説明しています。


フラット化する世界 [増補改訂版] (下)
フラット化する世界 [増補改訂版] (下)トーマス フリードマン 伏見 威蕃

日本経済新聞出版社 2008-01-19
売り上げランキング : 40242


Amazonで詳しく見る by G-Tools


フラット化する世界(下)では、世界のフラット化によって、仕事がアウトソーシングなどで、賃金の安いインド、中国に流れていっているなかで、国、企業、そして個人のレベルでこれからどういうことをしていかなければならないかということについて書かれています。

フラット化する世界では、結論として、グローバルな環境で成長するためには、想像力が必要だとあります。どんどん、ライバルが増えていく環境下では、考える力、そして創意工夫で差別化をしていかなければなりません。



[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!
[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!美崎 栄一郎

ダイヤモンド社 2011-01-28
売り上げランキング : 4732


Amazonで詳しく見る by G-Tools


美崎 栄一郎さんのマスキングテープの利用方法のアイデアの多さにはビックリです。私もこの本を読んで、マスキングテープを購入して、モレスキンとともにマスキングテープも無くてはならない存在になりました。



「WHY型思考」が仕事を変える (PHPビジネス新書)
「WHY型思考」が仕事を変える (PHPビジネス新書)細谷 功

PHP研究所 2010-08-19
売り上げランキング : 40977


Amazonで詳しく見る by G-Tools


「なぜ」は物事の本質に迫っていく質問であり、WHY型の人はこうした質問が得意で「考える」という行為の大半はここからスタートします。最近、仕事では、『なぜ』を利用して思考のスイッチを押してます。


モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方
モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方堀 正岳 中牟田 洋子

ダイヤモンド社 2010-09-10
売り上げランキング : 9877


Amazonで詳しく見る by G-Tools


モレスキンをはじめて利用する人の教科書的な存在です。そして、わたくしも、購入しちゃいました!



ゆたかな人生が始まる シンプルリスト
ゆたかな人生が始まる シンプルリストドミニック・ローホー 笹根 由恵

講談社 2011-01-26
売り上げランキング : 4952


Amazonで詳しく見る by G-Tools


リストを作ろうという気持ちにはなりませんでしたが、「書く」という行為について、こころを鎮める、こころを解明する、そしてストレスを発散する効果があることがわかりました。詳しくはこちらに書いていますので興味があったら参考にしてください。

※ちなみに、先日もちょいとイライラさせられましたが、書いて、こころを鎮めました(笑)


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)奥野 宣之

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008-03-12
売り上げランキング : 4695


Amazonで詳しく見る by G-Tools


以前までは、読書、仕事とメモを分けていましたが、本書で紹介されているように、情報は全て一元化し、モレスキンに全て集約しています。今のところ、仕事メモ、読書ノート、週次レビューに利用しています。


主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント
主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメントロジャー・コナーズ トム・スミス クレイグ・ヒックマン 伊藤 守

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-09-09
売り上げランキング : 24539


Amazonで詳しく見る by G-Tools


3月の読んだ本の中でベスト本です。

被害者意識の人は、とりあえず様子を見る、自分の仕事ではないと言い、現状を無視し、否定する。また、責任を他人に押し付け、言い逃れをし、被害者意識の悪循環に陥っているという内容が・・・・。最近の自分に当たりすぎ(笑)。。この本を読んでからは、まずは、「他に何ができるか」を問い、行動するよう努力しています。たまに、まだ、他人のせいにするときもありますが・・・。

書評はコチラに書いてます~。


イノベーション・シンキング
イノベーション・シンキングポール・スローン

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-08-15
売り上げランキング : 12010


Amazonで詳しく見る by G-Tools


水平思考を身に付けるための10のステップは視野が狭くなっているときに活用したほうがよいです。私はいつでも目につくように、モレスキンの1ページ目に書いておきました。

アインシュタインの言葉『想像は知識に勝る』という言葉が妙に印象に残りました。詳しくはこちらに書評しました。


2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)
2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)神田 昌典

PHP研究所 2012-01-19
売り上げランキング : 48


Amazonで詳しく見る by G-Tools

製品のライフサイクルや、製品価値、イノベーションの話は参考になりましたが、震災から、共感、優しさ、つながりが要求されるというのがあまり共感が得られませんでした。巷では、絆といいつつ、瓦礫の受け入れ問題があったりしたので・・・。逆に、エクスフォーメーション(※自分が求めている世の中を創っていく)については、自分の将来を想像し、自分で切り開くのには共感を得ました。



武器としての決断思考 (星海社新書)
武器としての決断思考 (星海社新書)瀧本 哲史

講談社 2011-09-22
売り上げランキング : 245


Amazonで詳しく見る by G-Tools


決断思考とありますが、内容はディベートの方法論。少し物足りない感じもありましたが、著者もちきりんのように自分のアタマで考えて、モノゴトを決める大切さを言っています。ディベート思考を利用して、決断力を磨き、周りに流されず、自分で考えて決めることが重要だということですね。
また、ディベート思考では、論題に対して、メリット、デメリットを考えて、検証し、結論を出します。自分で考えるときでも、メリットは考えますが、あまりデメリットについては考えられていないような気がします。今度からはデメリットもしっかり考えたいと思います。


3月のまとめ

前回の記事でも、そういえば、アインシュタインの言葉『想像は知識に勝る』という言葉が妙に気になりました。

さらに、フラット化する世界でも、グローバルな環境化で差別化できるのは、イマジネーション、つまり、想像することだと結論付けています。

読書しているときは気付きませんでしたが、「想像」というキーワードが3月の読んだ本の中で繋がりがあることが発見できました。

結局、大事なことは、想像、つまり、思い描くことは人間にしかできないことです。知識と知識を繋ぎ合わせて想像する。いかに、想像して他人と差別化するか。

まとめの記事を書いて、振り返ってみると、意外な繋がりが発見できるということを実感できました。今後も新しい発見を得るためにも、月次のブックレビューを継続していきたいと思います。

ではでは~。



Twitterでgs215yamaをフォロー