2012年4月5日木曜日

1年間ブログを続けて学んだこと


  



そういえば、そろそろ、1年だよなぁ~って感じてましたが、実は、このReadingEngineering始めて、3/22で1年経ちました。

1年間で投稿数83、約4.5日に1本投稿と、記事数としてはあまり多くはないですが、1年間ブログを続けて、思ったこと、学んだこと、考えたことを紹介ししようと思います。


書くことで、整理することの大切さを知った


ブログの内容も書評が多いですが、書評するにしてもこの本から自分は何を考えたのか。そして、何を言いたいのか、何をしたいか、など、思考を整理して書くことが必要になってきます。この思考の整理する癖がつくと、仕事でも役に立ってきています。報告書を書くにしても、プレゼンするにしても、何を言いたいのか、何をしたいのかなど、整理して考えることができるようになってきました。

『整理とは、無駄なもの、不要なものを処分すること。』
コトバンクより

新入社員研修で習ったようなことが今更ですが、やっと身についてきました(笑)

情報を見る目線が変わった


個人的には、何らかの形でアウトプットするにしても、インプットがないとアウトプットできないとも考えています。つまり、ブログを書く(アウトプット)にしても、インプット(情報)がないとアウトプットが生まれません。仕事で考えてみると、私みたいな技術系のエンジニアの場合、報告書を書くにしても、当然、データ取りし、インプットを増やして、アウトプットしていきます。

つまり、情報をインプットするにしても、何かアウトプットに繋がるかな?と考えながら情報を見るようになりました。

読書するにしても、これはブログネタになりそうだ!とか、仕事でも、漠然とデータを取るのではなく、報告しやすいようにするには、どのデータを取ればいいかな~?など、アウトプット中心の目線で情報を見るようになってきました。

今までは、流れる情報をただ漠然と見ていた感がありましたが、アウトプット目線で見るようになりました。

記録するようになった。


アウトプット目線になってくると、かならず、インプットした情報や、考えたことは必ずアウトプットのために利用します。人間は忘れる生き物です。そこで、情報や考えたことを忘れないように、必ず記録するようになりました。記録媒体はみなさんご存知の第2の脳と言われる、Evernoteです。デジタル化して情報をEvernoteに放り込んでおけば、Evernote得意の検索を利用して、すぐに情報を取り出せるようになります。

しかし、最近は考えるときに利用するのはモレスキンの方を利用しています。iPhoneでメモをとることもありますが、考える場合、デジタルだと、何だか、思考の枠がとっぱらえません。書いて、思考を整理するする方がものすごくすっきりします。

基本的に、ネットなどのデジタルな情報はEvernoteへ、そして、思考の整理にはモレスキンを利用するようになってきました。

さいごに


なにはともあれ、1年間での投稿数83。まだまだ、アウトプット少ないですが、これからもどんどん書いていこうと思います。

これからも、よろしくです。





Twitterでgs215yamaをフォロー