2012年3月29日木曜日

【書評】主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント


  

最近、仕事がうまくいかない。。。

そして、他人のせいにしてしまう。
なんだか、行き詰まり感が。。。もう、本当にヤダ!!

って、まぁ、本当にヤダっていうとこまではいってないんですが、最近、仕事に行き詰まりを感じて、少し、フットワークが重くなっていた私です。

なんかいい本ないかな~、と思い、本棚を探してみたら、主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメントを見つけました。

「主体的に動く」という題名に、はたして、自分は「主体的に動いている」のだろうかと感じ、この本を読んでみました。

主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント
主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメントロジャー・コナーズ トム・スミス クレイグ・ヒックマン 伊藤 守

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-09-09
売り上げランキング : 24807


Amazonで詳しく見る by G-Tools


1.アカウンタビリティとは


題名にもあるように、まず、本書を読むのにあたって理解しておかなければならない言葉があります。それは、アカウンタビリティです。

アカウンタビリティとは、goo辞書から引用させてもらうと、
  1. 説明の義務・責任。
  2. 政府や公務員が政策やその執行について国民の納得できるように説明する義務をもつこと。説明責任。
  3. 企業が出資者から委託された資金を適正に運用して保全し、その状況を出資者に報告する義務をもつこと。会計責任。
  4. 多額の資金援助を受ける科学技術研究者は、その研究の意義を説明する義務・責任を負うとする考え方。
一般的には、『説明責任』と訳されることが多いようです。しかし、本書の中では
現状を打破し、求める成果を達成するまで、自分が問題の当事者であると考え、自分の意思で主体的に行動しようとする意識。すなわち、自分の意思で見つめ、問題に当事者として取り込み、解決策を見出し、その解決策を実行しようとする意識です。
と、あります。問題に当事者として取り込み、そして解決するまで実行するという定義です。

一般的に訳されている『説明責任』と聞くと、なんだか、不祥事を起こした時の企業のお偉いさんの記者会見などのマイナスのイメージを思い出してしまいますが、本書では、問題の解決まで自分で責任をもって行動するというポジティブな意味で利用しています。

2.アカウンタビリティの有る人と、被害者意識の人の違い


アカウンタビリティの有る人というのは、現実を見つめ、当事者意識を持つ、解決策を見出し、行動に移すというステップが踏める人。一方、その反対の被害者意識の人は、とりあえず様子を見る、自分の仕事ではないと言い、現状を無視し、否定する。また、責任を他人に押し付け、言い逃れをし、被害者意識の悪循環に陥っていると説明しています。

アカウンタビリティの有る人は被害者意識に陥らないように注意し、そして、被害者意識の人は悪循環から抜け出して、現実を見つめ、行動を起こし、アカウンタビリティを持つ必要があるのです。

ここ最近、実はわたくしも仕事がうまくいかないことを、もっと工数があれば、、もっと予算があれば、などと言い逃れし、言い訳ばっかりになっていたような気がします。

まさしく、被害者意識のある人になっていました!

3.アカウンタビリティを持ち、自ら行動するためには


当然、被害者意識の悪循環に陥っているのであれば、そこから抜け出さないといけません。本書の中で、ここから抜け出すためのある言葉が幾度となく使われていました。それは

『他に何ができるか?』

です。他人のせいにしたり、言い訳を考えたりするのは、まったくもって、時間の無駄なんです。そんな時間があるなら、現実を見つめ、他に何ができるのかを考えることに時間を費やし、そして行動するのが一番なのです。

問題は自分で解決するしかないのです。この本を読んで、、他人のせいにしたり、言い逃れをすることが本当に馬鹿らしい気がしました。

やはり、行動するということが大事です。

ということで、ひとつ、実践しました。

それは、できることは、できるだけ早くやることです。例えば、お客さんやメーカーとの打ち合わせも、そして、実験も(※エンジニアなんで、例えが少なくて申し訳ないです(笑))、できるだけ早いスケジュールを組むことを今は実践しています。やっぱり、行動しなきゃ、駄目なんです。

4.この本から学んだこと


とにかく、人のせいにしたり、言い訳をすることはとってもムダということです。
そして、そんなことに時間を費やすよりも、『他になにができるか』を自分に問い、現実を見つめ、行動することの方がどれだけ重要かということがわかりました。

なんだか、仕事に行き詰まってるなーと思ったら、この本を読むことをオススメしますよ。

ちなみに、みなさんが仕事に行き詰まりを感じたときには、どういう対処をしていますか?

いい対処法あったら教えてください。

ではでは~。


Twitterでgs215yamaをフォロー