2012年3月24日土曜日

書くという行為には心を鎮める効果があった【書評】ゆたかな人生が始まる シンプルリスト


  


ゆたかな人生ってなんだろ?って題名に引かれて読んでみようと思った本です。

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト
ゆたかな人生が始まる シンプルリストドミニック・ローホー 笹根 由恵

講談社 2011-01-26
売り上げランキング : 5582


Amazonで詳しく見る by G-Tools
私の問いのゆたかな人生とは?ということについては、定義されていませんでしたが、内容は人生の価値を高め、望むことを実現するために、どういうリストを作ればいいのか、そして、そのリストをどのように活用すればいいのかが書かれています。

正直言って、本書を読んでもリストを作ろうという気持ちにはなれませんでしたが、本書の中で紹介されている「書く」ことに対する効果について、考えさせられる部分がありました。
書くという行為は、心を鎮めるだけでなく、心を解明するのにも役立ちます。幼い頃の思い出は、どのような大人になり、どのような考え方をするようになるかということに大きく影響します。ですから、自分の生きてきた歴史を振り返ることが大切なのです。
書くということで、たいていのストレスを解消することができます。書くことは執着を絶つための鍵です。ひとたびノートに書き出せば、ストレスの原因となった問題は、もうどうでもよくなってしまうのです。
私の場合、書くという行為はノートに書くや、ブログを書くということがメインになるのですが、仕事以外で文章を書くというのは、アウトプットの練習という位置づけでしか考えていませんでした。ただ、上記のように、書くという行為については、
  1. こころを鎮める
  2. こころを解明する
  3. ストレスを解消する
という、3つの効果があるのだとわかりました。そういえば、怒らない。怒らない。【書評】怒らない技術で紹介したように、書評で自分の気持ちを書きましたが、この記事を書くことで、大分気持ちが楽になったのを覚えています。実は、すでに、書くという行為でこころを鎮めるという効果を実感していました。

今回のゆたかな人生が始まる シンプルリストで、リストを作ろうという気持ちまでには至りませんでしたが、、本書の中でも、
そのときどきの気持ちやアイデアを書きとめたノートやメモ、ポエム。書くことで写り行くものを記録に留めることができ、リストを作るための貴重な下書きとなります。そうしてできたリストはあらゆる分析のための強力なツールとなるのです。
ノートやメモを取ることで、リストを作るための貴重な下書きとなるとあります。今はまだ、リストを作るまでには至りませんが、先日、購入したモレスキンにどんどん書き込んで、リストを作る気持ちになれればと思います。

書くという行為は、考えたことを整理する以外にも、本書からこころを鎮め、解明する、また、ストレスを解消する効果があるということがわかりました。

みなさんにとっては書くという行為はどういう効果がありますか?
もし、他の意見もあったら教えて欲しいです。

ではでは~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー