2012年2月9日木曜日

『Google』さんについて勉強しました。【書評】グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する、ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


  

普段からGoogleさんにはかなりお世話になっています。

このBlogger、Gmail、Chrome、Googleリーダー、そして検索などなど。。

このGoogleさんのことはもっと知りたいとは思っていました。Google誕生までの歴史、思想、収益構造などなど。

そこで、ここ何年間か、ずっっと、積読だった、グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)を本棚から取り出して読んでみました。



グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)佐々木 俊尚

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 13737


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング : 5892


Amazonで詳しく見る by G-Tools

IT業界はビジネスのスピードが早いために、6年も前の本なら、あまり参考にならんかな?と感じていましたが、グーグル―Google 既存のビジネスを破壊するでは、Googleの主な収益である AdSenseAdWordsを、実際の日本の中小企業を事例をまじえながら説明していて、業界人ではない私でもGoogleの収益構造について理解が深まりました。

また、Googleの広告で得られた収益から無料サービスを展開し、その無料サービスの中にも広告を入れ込もうとする戦略。。そういう戦略があって無料なのか?と今さらながら実感したとこです。

無料サービスについては、ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる の中でメールの内容についても、
迷惑メールの除去やウィルスの駆除のために、電子メールの内容をその判断材料に使うのは現代の常識です。
とあります。プライバシーは守られていますが、こういう無料サービスで利用している個人の情報もデータベース化し、最適な広告を掲載するとは!なんだか、無料で利用してるけど、逆に利用もされているのか!っていうのがよくわかってきました。無料、恐るべしです!

佐々木さんは最後にGoogleのことを、
世界のすみずみまで入り込み、すべてを見通しいている神の姿。それはグーグルの未来の姿、そのものかもしれない。
と表現しています。

さらに、あとがきで
グーグルが退場する日が来れば、おそらく他の企業がグーグルの座を奪い、すぐさま第二代司祭として君臨することになるだろう。
と書いていて、この本で言いたかったのはインターネットの進化そのもの。。要するに、インターネットが私たちの全てを見通しているってことだ。正直言ってなんだか不気味。でも、じゃ、インターネットを利用しないか?ってなると、そうはならない。利用しないと、仕事、プライベート、公私ともに困る。

要するに、もうすでに、インターネットの世界にどっぶりはまっていて、抜けられない状態になっているんだ・・。と実感。

さいごに
今日は思ったことをざぁ~っと、書いてみました。なので、取りとめのないことになっていますが、普段、何気なく利用しているものでも、勉強して考えてみるとやっぱり面白い。インターネットも利用しているけど、実は利用されているって感覚は持って利用しよう。



Twitterでgs215yamaをフォロー