2011年10月19日水曜日

iPhone4Sの落下試験を見て、ネックストラップの必要性を再確認した。


  
先日、TechCrunch Japanで紹介されていた衝撃的な映像をみました。

無事だったのはどっち? iPhone 4SとSamsung Galaxy S IIのコンクリート落下テスト(ビデオ)



正直言って、、、すげー、面白いことやってんじゃん!!と思いました。

iPhone4Sなんで、まぁ、iPhone4とは違うんですが、エンジニアの視線から考えると、それぞれのスマフォの重量、落ちた瞬間の方向も違うから、しっかりとした比較にはならんかな?と思ったけど。。でも、よくよく考えてみると、そんなのユーザー視点からみれば関係ないんですよね。

お客の利用状況なんて、それぞれカバーも違うだろうし、落下したときの向きなんて定義できないし。

これ見たら、iPhoneにカバーを着せてても、そもそも落とさないようにとネックストラップの必要性を再確認させられました。そこで、今日は最近買ったネックストラップの簡単なレビューです。
今回は安かったもんで、下のネックストラップを甲府のYAMADA電気にて購入しました。

Rix iPhone/iPod Dockコネクタ対応ネックストラップ RX-IPSTPH4WH
Rix iPhone/iPod Dockコネクタ対応ネックストラップ RX-IPSTPH4WH
リックス 2011-07-25
売り上げランキング : 52553


Amazonで詳しく見る by G-Tools
実際の購入写真


中はこんな感じ!

取り出した!!


仕様:長さ:42cm、対加重:2kg、素材:シリコン


シリコン素材ってのがGOOD!

これがまたシリコンなんでよく伸びます。ちなみに頭でっかちの自分・・・ではなく、さらに頭でっかちのモンチに装着してみました!!


頭でっかちのモンチッチも余裕で装着できます。保険に加入していても、壊れたりするとやっぱりiPhoneも気持ちも凹みます。なんで、安くてお手ごろですから、ネックストラップ購入して少しでも破損の危険性を回避するのをお勧めしますよ。


最後に

今回スマフォの記事見て、レビュー書きましたが、タブレットはどうなんだろうと思ったけど、実はタブレットの実験も行っていたのですね。


ん~、でもタブレットの場合、ネックストラップ付けられんよなぁ~~。


Twitterでgs215yamaをフォロー