2011年10月13日木曜日

仙丈ヶ岳を日帰り登山するために知っておきたい3つのこと


  
先週末になりますが、日本百名山で山梨百名山でもある「仙丈ヶ岳」に行ってきました。


今回は3000m級の南アルプスの日帰り登山であり、そして、登山口までもバスを利用するために時間にも制約がありました。

当然、事前に情報収集はしていて、日帰り登山は可能だと思っていましたが、下山まで不安は残っていました。

そこで、初めて、仙丈ヶ岳に日帰りでトライする人のために、知っておきたい情報を3つにまとめてみましたので、途中の写真なんかと一緒に紹介していこうと思います。

1.情報収集してルートを確認しておく

仙丈ヶ岳へは北沢峠の登山口からアプローチします。
登山ルートは↓のページがものすごく参考になります。

仙丈ヶ岳 南アルプス登山ルートガイド
南アルプス登山ルートガイドのページ。

この北沢峠までは芦安駐車場からはマイカー規制のためにバスで行きます。

ちなみに北沢峠の現地の仙丈ヶ岳や甲斐駒ヶ岳までのルート案内と登山口付近の写真です。

※ルート案内



※登山口付近

ちなみに、登山口に人が少なかったので本当にここでいいの??って思いましたが、仙丈ヶ岳としっかり書いてあり、他にも登山口らしきものがなかったのでここを進みました。ちなみに、ここでしっかり合っていましたよ。

また、日帰り登山遂行のための必須条件があります。
それは、バスで「始発に乗る」ことです。

そこで、バスの時間をしっかりチェックしておくことが必須です。

2.早起きして始発に乗る

芦安駐車場からはマイカー規制があるために、芦安→広河原→北沢峠までバスでいきます。
広河原で一度乗り換えがあります。

■芦安~広河原までの時刻表

南アルプスNET アクセス
山梨交通の時刻表

■広河原~北沢峠までの時刻表

南アルプスNET アクセス
南アルプス市営バスの時刻表

芦安~広河原のバスは広河原のバスの時間をチェックすれば乗り換えを考えて、
5:10でなく、5:40でも良いのかなと思いますが、自分達は5:10のバスに乗りました。


乗車券と協力金込みで1100円です。

※ちなみに、このバスに乗るために、3時におきて4時に韮崎を出発しました。というのは、嘘で、興奮していたせいか、1時に目が覚めて、4時に韮崎を出発しました(笑)

広河原までは芦安からは約1時間くらいで到着します。そして、広河原で、北沢峠までの切符を買います。

広河原での切符購入の様子


紅葉シーズンの休日だったので、切符売り場も込んでいます。切符を購入して、バス待ちの人が多くなってくると、定刻よりも早く、北沢峠行きのバスは発車します。
この辺は市営バスで、運転手がおっちゃんばっかりということもあり、臨機応変に対応してくれます。さすが!と思いました(笑)

なので、休日や紅葉シーズンは芦安駐車場も始発の5:10発に乗ることをお勧めします。


※紅葉シーズンは朝5時頃はまだ真っ暗です。

ちなみに、この芦安駐車場の始発のバスに乗り遅れても相乗りタクシーがあります。相乗りタクシーもバスと同じ料金で、人が集まれば出発しますので利用できます。

ただし、広河原から北沢峠までの経路には相乗りタクシーはありませんので、注意してください。

3.絶対にムリをしない

仙丈ヶ岳、日帰り登山というキーワードで情報収集していましたが、調べていると、往復8時間前後のコースだということがわかりました。

北沢峠発、広河原行きバスの最終は15:30です。

7:30から登り始めて15:30までに下山しないといけないので、頂上まで行って往復するのはぎりぎり8時間できついかなと思っていました。まぁ、間に合いそうもなかったら、途中で下山する気持ちで絶対にあせらず、ゆっくりのペースで登りました。

これは、以前に櫛形山で登りのときに、ペースを上げて登ったせいか、かなりキツい思いをしたので、反省を踏まえゆっくりのペースで登りました。

そのためか、休憩はそんなに多くとることなく、登っていくことができました。

情報収集、早起き、ゆっくりのペースが良かったのか、今回は日帰り登山が成功しました。

■小仙丈ヶ岳での写真

・iPhoneでのパノラマ写真



・甲斐駒ヶ岳


・北岳と富士山※日本で標高No1,2を一緒に見れるなんて!!


・仙丈ヶ岳

■仙丈ヶ岳からの写真

・これまた、iPhoneでのパノラマ写真


・仙丈ヶ岳からの山々




 ・そして一番高いとこでのボク

  
4.最後に

そういえば、時間的には片道3.5h位のペースでした。休憩少なかったせいか、少し予定よりも早く登頂できて良かったです。今日書いたことは、登山する方には当然のことだと思いますが、初心者的にまとめておきました。寒い季節に入ってきますので、これから登る山も油断せずに寒さ対策して登ろうと思います。



Twitterでgs215yamaをフォロー