2011年5月15日日曜日

iPhoneアプリの「Chainr」を利用してブログのストーリーを建てる


  
先日、山梨の蛭ヶ岳に登ってきました。

その様子だけをブログにUPしようと思ったのですが、
ストーリーや、構想を考えたときにiPhoneアプリの「Chainr」を利用してみましたので、一緒に紹介したいと思います。


Chainr 1.3
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料App
更新 2011/02/19


Chainr利用して考えた蛭ヶ岳登山のブログストーリー ※iPhone画面



Chainrはストーリーを組み立てるように情報を連鎖させてメモできるアプリです。
メモはテキスト、写真、音声、動画、位置情報をUPできます。

ストーリー建てができますので、ブログの下書きにも利用できるアプリと思い、紹介しました。
無料なので、是非、利用してみて下さい。




そんなところで、このChainrで作成した下書きを利用して、
今回も蛭ヶ岳へ登山した様子を紹介したいと思います。

1.まずは、「なびすけ」にて、甲府から蛭ヶ岳のルートを確認。
※ここはiPhoneに購入時からインストールされているGoogleMapも利用できますね。



※甲府からは40分程度で行くことができます。

2.駐車場にて地図をゲットして、いざ、蛭ヶ岳へ。今回は四尾連湖から蛭ヶ岳へ向かいました

駐車場写真                     MAP


3.大畠山~木橋

30分位、歩くと大畠山へ到着。


 さらに30分位、歩くと、木橋???そして、迂回路?????














迂回路って、木橋のすぐ隣のこの階段ですか?? 解釈ムズ






















4.西肩峠、そして最後のヤマへ!

西肩峠                       最後の急な坂道



5.頂上

急な坂道を登りきり、なんとか頂上へ。

頂上からみる富士山。


四尾連湖方面 ※Photosynthにて











天候も晴れていて、富士山も綺麗に見えましたが、ハチが多くブンブン言ってました。。
先週の日向山よりは登りも長くなく、初心者の私には登りやすかったです。
そうは言っても、今日はやはり筋肉痛。鍛え方が足りないですね。


PS:下山時に四尾連湖によってみました。湖自体はそれほど大きくはないですが、ゆっくりできますので、下山後の休憩にはもってこいです。













最後にFoursquareで蛭ヶ岳追加しておきました(笑)
登山時にはチェックインしてください。











Twitterでgs215yamaをフォロー